自己分析

【職業診断】MBTI別でわかる向いている仕事 / 向いていない仕事

admin

向いている仕事 / 向いていない仕事がわかるMBTIとは

MBTIとは

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、心理学者カール・ユングのタイプ理論に基づいて開発された性格診断テストです。
このテストは、個人の性格を理解し、自己認識を深めるためのツールとして広く使われています。
この記事を読んでいるあなたもご自身のMBTIを一度は調べたことがあるのではないでしょうか。
MBTIは性格を4つの指標に基づいて16のタイプに分類し、それぞれのタイプに応じた特徴や強みを明らかにします。

MBTIは4グループ16タイプに分かれる

MBTIは個人の性格を16種類のタイプに分類する性格診断テストです。
MBTIは以下の4つの指標を基に、16の性格タイプに分類されます。

  1. 外向(Extraversion) – 内向(Introversion)
    • 外向型は外部の世界にエネルギーを向ける傾向があり、社交的で活動的です。
    • 内向型は内部の世界にエネルギーを向ける傾向があり、内省的で一人の時間を重視します。
  2. 感覚(Sensing) – 直感(Intuition)
    • 感覚型は具体的で実際的な情報に焦点を当て、現実的で細部に注意を払います。
    • 直感型は全体像や未来の可能性に焦点を当て、創造的で概念的な思考を好みます。
  3. 思考(Thinking) – 感情(Feeling)
    • 思考型は論理や客観的な基準に基づいて意思決定を行い、分析的で冷静です。
    • 感情型は価値観や人間関係を重視して意思決定を行い、共感的で人間関係を大切にします。
  4. 判断(Judging) – 知覚(Perceiving)
    • 判断型は計画的で秩序を重んじ、スケジュールや計画に従うことを好みます。
    • 知覚型は柔軟で即興的なアプローチを好み、開放的で新しい情報や経験に対して敏感です。

MBTIで向いている仕事がわかる?

MBTIは、個々の性格タイプが持つ特徴や強みを明らかにすることで、自身に合った向いている仕事を見つける手助けをしてくれます。

  1. 自分をもっと知る
    MBTIを使うと、自分がどんな性格かを深く理解できます。
    たとえば、人と話すのが得意な外向型(E)の人と、一人で集中するのが好きな内向型(I)の人では、向いている仕事が違います。
    自分がどちらのタイプかを知ると、ストレスの少ない職場を選びやすくなります。
  2. 自分の強みを活かす
    MBTIは、自分の強みと弱みを教えてくれます。
    たとえば、具体的な情報を扱うのが得意な感覚型(S)の人と、未来のアイデアを考えるのが得意な直感型(N)の人では、得意な仕事が違います。
    自分の強みを活かせる仕事を選ぶと、成功しやすくなります。
  3. コミュニケーションが上手になる
    MBTIは、他の人とのコミュニケーションスタイルも教えてくれます。
    たとえば、論理的に話す思考型(T)の人と、感情を重視する感情型(F)の人では、話し方が違います。
    自分のコミュニケーションスタイルを理解すると、職場での人間関係がスムーズになります。
  4. 向いている仕事を見つける
    MBTIは、それぞれのタイプに合った仕事の例を教えてくれます。
    たとえば、リーダーシップを発揮したいENTJ(指揮官)の人は、管理職やプロジェクトマネージャーが向いています。
    一方で、人を助けたいINFJ(提唱者)の人は、カウンセラーや教師が向いています。
    これを参考にすると、自分にぴったりの仕事を見つけやすくなります。
  5. 仕事のやり方を知る
    MBTIは、自分に合った仕事のやり方も教えてくれます。
    たとえば、計画的に動くのが得意な判断型(J)の人と、柔軟に対応するのが得意な知覚型(P)の人では、働き方が違います。
    自分に合った働き方を知ると、仕事がしやすくなります。
  6. 未経験の仕事にも挑戦できる
    未経験の分野に挑戦するときも、MBTIが役立ちます。
    たとえば、ISFJ(擁護者)の人は、思いやりがあり、他人を助けるのが得意です。
    看護師や教師の仕事に向いているので、未経験でもこれらの仕事に挑戦すると、成功しやすくなります。
  7. 自分を成長させる
    MBTIは、自分を成長させる手助けもしてくれます。
    自分の性格を理解すると、どんなスキルを身につければいいかがわかります。
    また、キャリアを発展させるために、必要なスキルや知識を効率よく学べるようになります。

このように、MBTIを使うと自分の性格を深く理解し、それに基づいて向いている仕事を見つけることができます。
自分の強みを活かしたり、ストレスの少ない仕事環境を選んだり、また未経験の分野にも挑戦したり…などそんな充実したキャリアを築くことができます。

MBTIはこんな人におすすめ!

MBTIは以下のような人に特におすすめです。

  • キャリアチェンジを考えている人
    現在の仕事に満足しておらず、新しいキャリアを模索している人にとって、自分の性格タイプを知ることは大きな助けになります。
  • 自己理解を深めたい人
    自分の強みや弱みをより深く理解し、自己成長を目指す人にとって、MBTIは有益なツールです。
  • 職場での人間関係を改善したい人
    MBTIを通じて他者の性格タイプを理解することで、コミュニケーションの質を向上させることができます。
  • 未経験の職種に挑戦したい人
    自分の性格タイプに合った新しい仕事に挑戦することで、未経験でもスムーズに新しい環境に適応しやすくなります。

【16タイプ別】適職一覧表

ここでは、16の性格タイプそれぞれに向いているとされる仕事をざっと見てみましょう。

MBTIタイプ向いている職業
INTJ (建築家)科学者、エンジニア、戦略プランナー
INTP (論理学者)研究者、プログラマー、システムアナリスト
ENTJ (指揮官)経営者、プロジェクトマネージャー、弁護士
ENTP (討論者)プロジェクトマネージャー、広告プランナー、コンサルタント
INFJ (提唱者)カウンセラー、作家、教育者
INFP (仲介者)ヒーラー、心理学者、教育コンサルタント
ENFJ (主人公)教師、営業、カウンセラー
ENFP (運動家)広報、ライター、トレーナー/コーチ
ISTJ (管理者)会計士、データアナリスト、バイヤー
ISFJ (擁護者)看護師、教師、行政職
ESFJ (領事官)人事、医療ソーシャルワーカー、教師
ESTJ (幹部)マネージャー、金融アナリスト、社会福祉士
ISTP (巨匠)エンジニア、整備士、職人
ISFP (冒険家)アーティスト、デザイナー、セラピスト
ESTP (起業家)営業、マーケティング、スポーツ選手
ESFP (エンターテイナー)俳優、音楽家、イベントプランナー

さらに16タイプそれぞれの特徴と向いている仕事を詳しくみていきましょう。

INTJ (建築家)

特徴

INTJ(内向型、直感型、思考型、判断型)の特徴を一言で言うと「戦略的な分析家
このタイプの人は全人口の約2%程度しかいないと言われるほど珍しい性格タイプです。
物事を体系的に分析し、問題解決に向けた計画を立てることが得意であり、自立心が強く、自分の信念に従って行動するため、他人の意見に流されることは少ないです。

INTJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなINTJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 自己分析
    まずは自分自身を深く理解することが重要です。
    自分のスキルや興味、価値観を明確にすることで、向いている仕事を見つけやすくなります。
  2. 職場環境の重視
    自立して働ける環境や、論理的な思考が評価される職場が向いています。
    また、長期的な視野でキャリアを築ける企業文化も重要です。
  3. 専門知識の活用
    自身の知識やスキルを最大限に活かせる仕事を選ぶと良いでしょう。
    専門性が高い分野で活躍できる可能性が高いです。
  4. 成長の機会
    常に学び続けることを重視するINTJにとって、成長の機会が提供される職場が魅力的です。
    研修やスキルアップの支援がある企業を選ぶと良いでしょう。

向いている仕事

  1. 科学者
    INTJは論理的思考と洞察力に優れており、複雑な問題や理論を分析し、体系的に取り組むことが得意です。
    科学者として、新しい理論の構築や実験の計画・実施において、その能力を活かすことができます。
  2. エンジニア
    システムの設計や問題解決において優れた能力を発揮します。
    論理的かつ革新的なアプローチを用いて、技術的な挑戦に対処し、効率的かつ創造的なソリューションを提供することができます。
  3. 戦略プランナー
    INTJは将来の展望を見据え、長期的な戦略を立てるのに向いています。
    洞察力と分析力を活かして、組織やビジネスの発展戦略を設計し、実行することができます。
    また、リスク管理や目標達成のための具体的な手段を計画することも得意です。
もっと自分を知る
INTJ(建築家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
INTJ(建築家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

INTP (論理学者)

特徴

INTP(内向型、直感型、思考型、知覚型)の特徴を一言で言うと「論理的で創造的な探究者
このタイプの人は論理的で分析的な思考を好み、創造的な問題解決に優れています。
内向的であるため、独立して考えることを好み、深く考えることが得意です。
また、新しいアイデアや概念に対して強い興味を持ち、常に学び続けることを楽しむ傾向があります。

INTPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなINTPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 興味のある分野
    興味を持った分野であれば、深く掘り下げて学び続けることができます。
    自身の興味を中心に仕事を選びましょう。
  2. 独立性の確保
    自分のペースで仕事を進められる環境が適しています。
    指示を待つのではなく、自分で考えて動ける職場が理想です。
  3. 知的挑戦
    常に新しい知識やスキルを学ぶ機会がある職場を選びましょう。
    単調な仕事よりも、多様な課題に取り組むことができる職場が向いています。
  4. クリエイティブな環境
    自分のアイデアや発想を活かせる職場を選びましょう。
    創造性を発揮できる環境であれば、INTPの才能が最大限に引き出されます。
  5. フレキシブルな働き方
    固定されたルーチンよりも、柔軟な働き方ができる職場が向いています。
    リモートワークやフレックスタイム制など、自分のスタイルに合わせた働き方を選びましょう。

向いている仕事

  1. 研究者
    深い洞察力と論理的な思考能力を持っており、複雑な問題に対して革新的なアプローチを取ることが得意です。
    研究者として、新しいアイデアや理論を発展させるための基礎となる仕事に興味を持ち、独自の視点で問題に取り組むことができます。
  2. プログラマー
    INTPは論理的で精密な思考能力を持っており、コンピューターシステムやソフトウェアの複雑な問題を解決するのに適しています。
    抽象的なアイデアを具体的なコードに落とし込み、論理的な構造を作成することが得意なタイプです。
  3. システムアナリスト
    INTPはシステム全体の機能と相互関係を理解し、最適化する能力に長けています。
    複雑な情報やプロセスを分析し、効率的で効果的なシステム設計を提案することができます。
    また、問題解決能力を活かして実際のシステムの改善や最適化にも貢献します。
もっと自分を知る
INTP(論理学者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
INTP(論理学者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ENTJ (指揮官)

特徴

ENTJ(外向型、直感型、思考型、判断型)の特徴を一言で言うと「決断力に満ちたリーダー
このタイプの人は強いリーダーシップ能力を持ち、目標達成に向けた計画を緻密に立てることができるため、組織やプロジェクトの成功に寄与することが多いです。
彼らは挑戦を好み、新しいアイデアや方法を積極的に取り入れていく傾向があります。

ENTJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなENTJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 挑戦と成長の機会
    ENTJは常に成長を求める傾向があります。
    したがって、新しい挑戦や学びの機会が豊富な職場環境を選ぶことが重要です。
    業界や職種に関わらず、自身のスキルや能力を伸ばせる環境を優先しましょう。
  2. 自主性と自律性
    自分自身で意思決定し、自由に行動できる職場環境がENTJにとって理想的です。
    決定権や責任を持つことで、彼らのリーダーシップやイニシアチブを最大限に活かすことができます。
  3. 戦略的な役割と影響力の拡大
    ビジョンを持ち、戦略的なアプローチで組織やプロジェクトの方向性を決定することが得意です。
    そのため、戦略的な役割や意思決定の影響力が大きいポジションを探すことが重要です。
  4. チャレンジングな環境と競争力
    競争と挑戦を刺激として活力を得るENTJにとって、競争力のある業界や市場でのポジションが適しています。
    自分の能力を試し、成果を上げることができる環境を求めましょう。
  5. 個人の貢献が評価される文化
    ENTJは成果を重んじる傾向があります。
    自身の貢献が評価され、報酬や昇進の機会が与えられる文化がある職場を選ぶことで、モチベーションを高く保つことができます。

向いている仕事

  1. 経営者
    リーダーシップ能力に優れ、目標達成に向けて能動的に行動することが得意です。
    戦略的な視点を持ち、組織全体をリードすることで成果を上げることができます。
    また、決断力や問題解決能力も兼ね備えており、経営者としての役割を果たすのに適しています。
  2. プロジェクトマネージャー
    ENTJは目標設定と計画立案において優れた能力を発揮します。
    プロジェクトの全体像を把握し、リソースを効果的に管理しながら成果を追求することができます。
    決断力と指導力が、プロジェクトの成功に不可欠な要素となります。
  3. 弁護士
    議論や論理的な説得において強みを持ち、問題解決に熱心です。
    弁護士として、法的な知識と戦略的思考を組み合わせてクライアントの利益を守り、目的を達成するために努力します。
    また、交渉力やリーダーシップも兼ね備えており、法的な業務において成功を収めるでしょう。
もっと自分を知る
ENTJ(指揮官)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ENTJ(指揮官)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ENTP (討論者)

特徴

ENTP(外向型、直感型、思考型、知覚型)の特徴を一言で言うと「創造的な挑戦者
このタイプの人は新しいアイデアを追求し、物事を論理的に分析する能力に優れています。
また、創造力が豊かで、変化や挑戦を楽しむ性格を持っています。

ENTPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなENTPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 変化を楽しめる環境
    革新的で変化が多い環境が向いています。スタートアップやクリエイティブな業界がおすすめです。
  2. 自由度の高い職場
    自由な発想が尊重される職場で、自身のアイデアを形にできる環境が理想的です。
  3. 挑戦的な仕事
    単調な作業よりも、常に新しい挑戦を求められる仕事が向いています。
    自分の能力を試せるプロジェクトが多い職場を選びましょう。

向いている仕事

  1. プロジェクトマネージャー
    ENTPはアイデアの発想から実行までを一貫して管理することができるため、新しいプロジェクトの立ち上げや革新的な取り組みの推進に向いています。
    リスクを恐れず、柔軟なアプローチで問題を解決することができます。
  2. 広告プランナー
    クリエイティブでありながらも論理的な思考を組み合わせることができるため、広告業界での戦略立案やキャンペーンの企画に向いています。
    新しいアイデアを生み出し、視覚的な表現を通じてメッセージを効果的に伝える能力があります。
  3. コンサルタント
    多岐にわたる知識と洞察力を持ち、複雑な問題に対して創造的な解決策を提案することが得意です。
    クライアントのニーズを理解し、戦略的なアドバイスを通じて企業や組織の成長を促進することができます。
もっと自分を知る
ENTP(討論者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ENTP(討論者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

INFJ (提唱者)

特徴

INFJ(内向型、直感型、感情型、判断型)の特徴を一言で言うと「他者の感情に敏感で深い共感力を持っている
この記事を読んでいるINFJのあなたは希少なタイプであり、全人口の約1-2%しかいません。
INFJは理想主義者で、高い理想を持ち、自分や他人がその理想に向かって進みます。
内向的でありながら他者の幸福や成長に関心を持ち、深い共感と理解をもって人々に影響を与えることができるという点でユニークです。

INFJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなINFJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 自己理解と価値観
    自分の価値観や信念を明確にし、それに合致する職業を選びましょう。
  2. 意義のある仕事
    社会的に意義のあるプロジェクトに取り組むことが、やりがいを感じるポイントです。
    人々にポジティブな影響を与える仕事を選びましょう。
  3. 人間関係
    支え合えるチームや理解のある上司と働ける環境がベストです。
    何より、深い人間関係を築ける職場が理想的です。
  4. クリエイティブな表現
    芸術や創造性を発揮できる職業を選ぶことで、新しいアイディアを実現するプロジェクトに関与することがモチベーション維持に繋がります。

向いている仕事

  1. カウンセラー
    INFJは他人の感情やニーズに敏感であり、深い共感力を持っています。
    カウンセラーとして、他者の心理的・感情的な問題に理解を示し、サポートを提供することが得意です。
    また、洞察力によってクライアントとの信頼関係を築きながら、深い対話と成長を促進することができます。
  2. 作家
    内面の豊かな世界を持ち、深い洞察と創造力を発揮することができます。
    作家として、自分の感情や考えを言葉にすることで、読者に深い影響を与える作品を創造することができます。
    また、社会的な問題や倫理的なテーマに対して独自の視点でアプローチすることも可能です。
  3. 教育者
    INFJは他者の成長と発展に情熱を持ち、個別のニーズや適応方法を理解する能力があります。
    教育者として、生徒や学生との対話を通じて教育的な影響を与え、個々の才能やポテンシャルを引き出すことができます。
    また、教育の価値観や倫理に基づいて、次世代の育成に貢献することができます。
もっと自分を知る
INFJ(提唱者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
INFJ(提唱者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

INFP (仲介者)

特徴

INFP(内向型、直感型、感情型、知覚型)の特徴を一言で言うと「理想を追求する共感的なクリエイター
一般的に理想主義者であり、深い思考と豊かな感受性を持ち、自己表現や他者の理解に重きを置きます。
しばしば創造性に富み、人間関係を大切にする性格として知られています。

INFPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなINFPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 価値観と一致するか
    自分の価値観や信念に合った仕事を選ぶことが重要です。
    仕事に対して情熱を持てるかどうかを重視しましょう。
  2. 柔軟な働き方ができるか
    リモートワークやフレックスタイムなど、柔軟な働き方が可能な職場を探す。
    自分のペースで働ける環境が重要です。
  3. 創造性を発揮できるか
    クリエイティブな仕事やプロジェクトに参加できる職場を選ぶ。
    自分のアイデアを自由に表現できる環境が求められます。
  4. サポート体制が整っているか
    メンタルヘルスのサポートやフィードバック体制が整っている職場を選ぶ。
    自己成長を促進する環境が重要です。

向いている仕事

  1. ヒーラー(リラクセーションセラピスト、ヨガインストラクターなど)
    INFPは他人の心身の健康をサポートすることに興味を持っています。
    ヒーラーとして、リラクセーションセラピストやヨガインストラクターとして、個々のクライアントの心の平穏や身体の健康を促進する役割を果たすことができます。
    また、癒しの環境を提供し、人々が自己探求や成長を深める場を提供することも可能です。
  2. 心理カウンセラー
    他人の感情や心理状態に深い関心を持ち、人間の複雑な内面に対する理解が得意です。
    心理の専門家として、クライアントの心理的な問題に対して共感し、サポートを提供することができます。
    また、個々の人間の成長や発達について研究することで、社会的な影響を考察することも可能です。
  3. 教育コンサルタント
    成長と学びに対する情熱を持っており、他人の教育や育成に貢献することに意欲を示します。
    教育関連の職業では、生徒や学生の個々のニーズや才能に対応し、教育プログラムやカリキュラムの開発にも携わることができます。
    また、創造性や倫理的な観点から教育の価値観を共有し、教育の質の向上に寄与することができます。
もっと自分を知る
INFP(仲介者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
INFP(仲介者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ENFJ (主人公)

特徴

ENFJ(外向型、直感型、感情型、判断型)の特徴を一言で言うと「社交的で情熱的なリーダーシップタイプ
他人との関係を大切にし、人々を励まし、影響を与えることに一番に喜びを感じます。
また、チームの中で人々を結集し、目標達成に向けて尽力できます。

ENFJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなENFJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 人間関係とチームワークが重視される職場
    ENFJは人との関わりを大切にし、協力的な環境で力を発揮します。
    チームワークを重視する職場や、人々の成長や幸福に寄与できる仕事を好む傾向があります。
  2. 創造性と直観を活かせる職務
    創造的で直観的な側面が強いため、新しいアイデアを提案したり、革新的なプロジェクトに参加したりすることを楽しみます。
    クリエイティブな思考が求められる職務が適しています。
  3. 価値観と一致するミッション
    自己の価値観と一致するミッションやビジョンを持つ企業や職場で働くことに満足感を見出します。
    社会貢献や他者支援に関わる仕事は、彼らのモチベーションを高めます。
  4. 明確なフィードバックと成長機会
    ENFJは成長志向が強く、自己改善を重視します。
    明確なフィードバックを受けることができ、自身のスキルを磨き続けられる環境を求めます。
    また、キャリアパスが明確で成長の機会がある職場も重要です。

向いている仕事

  1. 教師
    ENFJは人々とのコミュニケーションや教育に強い関心を持っています。
    教師として、生徒や学生と深いつながりを築きながら、知識の伝達だけでなく、個々の成長と発展を促進することが得意です。
    また、教育の質を向上させるためのリーダーシップを発揮し、学校コミュニティ全体の支援を行うことも可能です。
  2. 営業
    人々を動かす力に優れており、説得力と影響力を持っています。
    営業職では、顧客との信頼関係を築きながら製品やサービスの価値を伝え、売上を増やすことができます。
    また、顧客のニーズを理解し、適切なソリューションを提案する能力があります。
  3. カウンセラー
    他人の感情やニーズに敏感であり、深い共感力を持っています。
    カウンセラーとして、クライアントの心理的な問題に理解を示し、サポートを提供することが得意です。
    また、ポジティブな変化を促進するためのアドバイスや指導を通じて、クライアントの成長と発展を支援することができます。
もっと自分を知る
ENFJ(主人公)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ENFJ(主人公)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ENFP (運動家)

特徴

ENFP(外向型、直感型、感情型、知覚型)の特性を一言で言うと「創造的なアイデアマン
適職を選ぶ際には、自分の創造力や社交性、情熱を最大限に活かせる環境を選ぶことが鍵となります。
なにより自分が成長でき、仕事に意義を見出せる職場を見つけることで充実した生活を送ることができます。

ENFPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなENFPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. クリエイティビティと自由度
    ENFPは創造力が豊かで、新しいアイディアを生み出すことが得意です。
    そのため、自分の創造性を発揮できる仕事や、自由な発想が許される職場環境が理想的です。
  2. 人との交流
    社交的で人とのつながりを大切にするENFPは、チームワークが求められる仕事や、顧客と直接関わる仕事に向いています。
    コミュニケーションが頻繁に行われる職場が適しています。
  3. 自由度と柔軟性
    自由な発想を尊重し、柔軟な働き方ができる環境が適しています。
  4. 成長と学びの機会
    常に新しいことを学び、成長したいと考えるENFPにとって、自己成長やスキルアップの機会が豊富にある職場が重要です。
    研修やワークショップが充実している企業も良い選択です。
  5. 意味と目的
    ENFPは、自分の仕事に対して強い情熱や使命感を持つことが大切です。
    社会に貢献できる仕事や、自分の価値観と一致する仕事を選ぶことで、モチベーションが高まります。

向いている仕事

  1. 広報
    ENFPはコミュニケーション能力に優れており、情熱的で魅力的な話術を持っています。
    広報職では、企業や組織のイメージやメッセージを効果的に伝えることが求められます。
    クリエイティブなアプローチでキャンペーンを企画し、多様なメディアを活用してターゲット層にリーチすることができます。
  2. ライター
    言葉の力に敏感であり、創造性に富んだ文章を書くことが得意です。
    ライターとして、小説、記事、ブログなど様々な形式で自分のアイデアや感情を表現することができます。
    また、読者に影響を与える深いメッセージを伝えることができる能力があります。
  3. トレーナー/コーチ
    他人との関わりや指導を通じて満足感を得ることが多いです。
    トレーナーやコーチとして、個人やグループの成長を促進するためのプログラムを設計し、モチベーションを高める役割を果たすことができます。
    また、ポジティブな環境を作り出し、自己実現を支援することが得意です。
もっと自分を知る
ENFP(運動家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ENFP(運動家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ISTJ (管理者)

特徴

ISTJ(内向型、感覚型、思考型、判断型)とは、MBTIに基づく16の性格タイプの一つです。
ISTJの特徴を一言で言うと「堅実で信頼できる現実主義者
このタイプの人は組織的で実直な性格を持つとされています。
また、現実的で実務に強く、責任感が強い傾向があります。

ISTJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなISTJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 安定性と規則性
    安定した環境で働くことを好むため、長期的に安定した職場や業界を選ぶと良いです。
  2. 明確な役割と責任
    自分の役割や責任が明確に定義されている職場が向いています。業務内容が具体的で、曖昧さが少ないことが重要です。
  3. 現実的な業務内容
    理論よりも実践を重視するため、具体的な成果が求められる職種が適しています。

向いている仕事

  1. 会計士
    ISTJは細部に注意を払い、正確性や秩序を重視する傾向があります。
    会計士として、複雑な財務データを扱いながら、法令や規制に厳密に従い、正確な報告を行うことが得意です。
    また、組織内で財務管理の専門家として信頼されることがあります。
  2. データアナリスト
    データの分析やパターンの発見に興味を持ち、体系的なアプローチで問題解決に取り組むことが得意です。
    データアナリストとして、大量の情報を処理し、客観的な洞察を提供することができます。
    また、ビジネスの意思決定を支援するための洞察力を持っています。
  3. バイヤー
    責任感が強く、予算管理と供給チェーンの効率化に興味を持ちます。
    バイヤーとしては、製品やサービスの調達を通じて企業の資産を最適化し、競争力を高めることができます。
    また、厳格な基準に基づいて供給業者との交渉を行い、最適な取引条件を達成する能力があります。
もっと自分を知る
ISTJ(管理者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ISTJ(管理者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ISFJ (擁護者)

特徴

ISFJ(内向型、感覚型、感情型、判断型)の特徴を一言で言うと「献身的な守護者
その特徴は誠実さ・責任感・他者への配慮であり、周囲の人々の幸福を大切にし、安定した環境で働くことを好みます。

ISFJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなISFJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 安定した環境
    変化の少ない、安定した職場環境が適しています。
    長期間同じ仕事を続けられる環境を求めましょう。
  2. 人を助ける仕事
    他者のサポートやケアを含む仕事が向いています。
    医療や教育、福祉など、人と関わる仕事が適しています。
  3. 細部に注意が必要な仕事
    細かい作業が得意なため、注意力が求められる職務が適しています。
    事務職やデータ管理などが向いています。
  4. チームワークが重要な仕事
    協調性を活かせるチームベースの仕事が向いています。
    協力して成果を上げることが求められる職場が適しています。
  5. 現実的で実践的な仕事
    理論よりも実践を重視する性格なので、具体的な成果が求められる職務が向いています。
    具体的な目標やタスクが明確な職場を選びましょう。

向いている仕事

  1. 看護師
    看護師は患者のケアとサポートを行うため、ISFJの思いやりと共感力を生かすことができます。
    細かい注意が必要な薬の投与や状態観察は、ISFJの慎重で注意深い性格に適しています。
  2. 教師(特に初等教育)
    教師は、子供たちの成長と学習を支援する仕事であり、感受性と共感力が求められます。
    予測可能な学校のルーチンは、ISFJに安定感を与え、教育を通じて他者を助けることができるため、ISFJの奉仕精神が充実します。
  3. 行政職
    書類の整理やデータの管理、住民サービスなどの業務を担当します。
    細部に注意を払い、規則を遵守することが得意なため、行政職の仕事に向いています。
    また、安定した公務員の環境はISFJにとって働きやすく、住民の生活をサポートすることでISFJの奉仕精神が満たされます。
もっと自分を知る
ISFJ(擁護者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ISFJ(擁護者)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ESFJ (領事)

特徴

ESFJ(外向型、感覚型、感情型、判断型)の特徴を一言で言うと「社交的で責任感が強い
その特徴は人との関わりを重視し、実用的で現実的な視点を持ち、感情よりも論理を優先し、計画的に物事を進める性格です。
ESFJの人々は、他者との関係を築くことに長けており、責任感が強く、チームワークを大切にします。

ESFJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなESFJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 人との交流と協力
    ESFJは人との関わりを大切にし、チームワークを重視します。
    協力し合う職場環境や、人と直接関わる機会が多い仕事が向いています。
  2. 安定性と組織力
    安定した環境で働くことを好むESFJは、ルールや手順が明確で、組織がしっかりしている職場が理想的です。
    明確な役割分担と予測可能な業務がある企業が良い選択です。
  3. 実用的な成果
    ESFJは実際に役立つことを重視し、具体的で実践的な成果を出すことにやりがいを感じます。
    人々の生活を改善するような実務的な仕事が満足感を与えます。
  4. 感謝と評価
    他人からの感謝や評価を重視するESFJは、自分の努力が認められ、感謝される職場が適しています。
    定期的なフィードバックや感謝の文化がある職場で働くことが、モチベーションの維持に繋がります。

向いている仕事

  1. 人事
    多くの人と接することができ、企業の安定した環境で働くことが特に適しています。
    組織のルールや手順を管理し、社員のサポートを通じて貢献できます。
  2. 医療ソーシャルワーカー
    患者やその家族に直接支援を提供し、役立つことに対する満足感を得やすいです。
    感謝の言葉や成果が直接的に返ってくることもあります。
  3. 教師
    生徒との交流を通じて教育を提供し、生徒の成長を見守ることができます。
    自分の教えが生徒の実生活に役立つことが実感できる仕事です。
もっと自分を知る
ESFJ(領事)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ESFJ(領事)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ESTJ (幹部)

特徴

ESTJ(外向型、感覚型、思考型、判断型)の特徴を一言で言うと「頼れる指揮官
このタイプの人は実務的で組織的、論理的な思考を持っています。
明確な目標を設定し、それを達成するために効率的に行動する傾向があります。

ESTJが仕事を選ぶ際のポイント

そんなESTJが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 明確な目標設定ができる職場
    目標達成に強い意欲を持つため、明確な目標が設定されている職場が向いています。
  2. 組織的で効率的な環境
    効率を重視するESTJは、計画やスケジュールが整った職場環境でその力を発揮します。
  3. リーダーシップを発揮できるポジション
    管理職やプロジェクトリーダーなど、自身のリーダーシップを活かせるポジションを選ぶと良いでしょう。

向いている仕事

  1. マネージャー
    チームの協力と指導力が得意なため、部下やチームをまとめて組織内で調和を促進し、安定した業務運営を実現することができます。
  2. 金融アナリスト
    実務的な成果を重視し、データに基づいた具体的な判断や組織の安定性を保ちながら、組織全体に貢献することが可能です。
  3. 営業職
    対人関係が得意で、効果的にコミュニケーションを取る能力があるため、顧客との関係を築き、ニーズを正確に把握し、適切な提案を行うために非常に重要です。
    決断力があり、迅速かつ確実に行動できるため、営業目標を達成するための戦略を実行に移す力も持っています。
もっと自分を知る
ESTJ(幹部)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ESTJ(幹部)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ISTP (巨匠)

特徴

ISTP(内向型、感覚型、思考型、知覚型)の特徴を一言で言うと「実践的な問題解決者
このタイプの人は実際的で問題解決が得意なタイプとして知られています。
物事を効率的にこなし、冷静で分析的な視点を持ち、現実的なアプローチを好むISTPは、多くの職業においてその特性を発揮できます。

ISTPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなISTPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 興味と実践を重視
    自分の興味や実践的なスキルを活かせる職業を選ぶことが重要です。実際の作業が伴う職場環境や具体的な成果を出せる仕事が向いています。
  2. 独立性の確保
    自分のペースで仕事ができる環境や、一定の独立性が認められる職場を選ぶと、ストレスを感じにくくなります。
  3. 変化に富む環境
    変化の多い職場や、常に新しい課題に取り組める職場環境は、ISTPの柔軟性と順応性を活かすことができます。

向いている仕事

  1. エンジニア
    技術的な問題解決能力に優れ、機械やシステムを理解し、実際の製品開発や設計に対して直感的なアプローチを取ることができます。
  2. 整備士
    具体的な機械や装置のメンテナンスと修理に精通しており、実践的な技術スキルを活かして問題を解決することが得意です。
  3. 職人
    手作業や具体的な製品の制作に長けており、自分の技術や創造力を活かして高品質な製品を生み出すことができます。
もっと自分を知る
ISTP(巨匠)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ISTP(巨匠)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ISFP (冒険家)

特徴

ISFP(内向型、感覚型、感情型、知覚型)の特徴を一言で言うと「心優しいアーティスト
静かで控えめ、そして感受性が高く、他人の感情に敏感です。
一方で地に足を着いた現実主義でもあり、具体的な経験を重視し、芸術的な才能や美的センスを持ちあわせていることが多いです。

ISFPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなISFPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 興味と情熱を重視
    自分が本当に興味を持ち、情熱を感じる仕事を選ぶことが重要です。
    ISFPは情熱を持って取り組むことで、その能力を最大限に発揮できます。
  2. クリエイティブな環境
    芸術的な感性を生かせる環境を選ぶことが、ISFPの満足度を高めます。
    自由にアイデアを出し合い、創造的な作業ができる職場が理想的です。
  3. 人間関係の重視
    ISFPは他人との関わりを大切にするため、良好な人間関係が築ける職場を選ぶことが大切です。
    チームワークを重視する環境や、フレンドリーな同僚がいる職場が向いています。

向いている仕事

  1. アーティスト
    感受性が豊かで、自己表現を大切にします。
    アーティストとして、ビジュアルアート、音楽、パフォーマンスなどを通じて自分の感情や視点を創造的に表現することが得意です。
    また、独自の視点と細部へのこだわりを作品に反映させることができます。
  2. デザイナー
    美的感覚が鋭く、細部への注意を払うことが得意です。
    デザイナーとして、ファッション、グラフィック、インテリアなどの分野で美しいものを創り出し、実用性と芸術性を融合させることができます。
    また、直感的なデザインセンスを活かして魅力的な作品を生み出すことができます。
  3. セラピスト
    共感力が高く、人々の感情やニーズを理解する能力に優れています。
    セラピストとして、クライアントとの深いつながりを築きながら、心理的なサポートや治療を提供することが得意です。
    また、思いやりと繊細さを持ってクライアントの成長と癒しをサポートすることができます。
もっと自分を知る
ISFP(冒険家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ISFP(冒険家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ESTP (起業家)

特徴

ESTP(外向型、感覚型、思考型、知覚型)の特徴を一言で言うと「行動力と社交性を兼ね備えた現実主義者
このタイプの人は活気に満ち、現実的で、適応力が高く、迅速な行動を取ることが得意です。
新しい経験や挑戦を求め、刺激的な環境で輝くことが多いです。

ESTPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなESTPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 刺激的な環境を求める
    単調な作業よりも、変化や挑戦が多い職場環境を選ぶと良いでしょう。
  2. 行動重視の職務を探す
    実践的でアクションが求められる職務が向いています。
  3. 人と関わる仕事
    社交性を生かせる職務が適しています。
    接客業やイベントプランナーなどが該当します。

向いている仕事

  1. 営業
    社交的で説得力のある性格が顧客との関係構築に役立つためです。
    対人スキルと交渉力が顧客との信頼関係を築きやすくします。
  2. マーケティング
    ESTPの現実的なアプローチと機敏な反応が市場の変化に迅速に対応するために重要です。
    戦略的思考と行動力が効果的なマーケティング活動を支え、さらにESTPの創造力が新しいアイデアを生み出すのに役立ちます。
  3. スポーツ選手
    ESTPの競争心と行動重視の性格がトレーニングや試合でのパフォーマンス向上に直結します。
    また、瞬時の判断力がプレイ中の意思決定に貢献します。
もっと自分を知る
ESTP(起業家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ESTP(起業家)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

ESFP (エンターテイナー)

特徴

ESFP(外向型、感覚型、感情型、知覚型)の特徴を一言で言うと「生まれながらのエンターテイナー
文字どおり、エネルギッシュで人と関わることが大好きな彼らは、社交的で明るい性格が特徴です。
その明るく社交的な性格で周囲の人々を楽しませる能力に優れており、一方で現実的で実践的な思考を持ち、今この瞬間を楽しむことに重きを置いています。

ESFPが仕事を選ぶ際のポイント

そんなESFPが仕事を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いです。

  1. 人と関わる機会が多い職場
    社交的なESFPは、人と関わる機会が多い職場で力を発揮します。
  2. 現実的で具体的な仕事
    具体的なタスクや成果が見える仕事が向いています。
  3. 柔軟な環境
    変化に対応できる柔軟な環境が理想的です。
  4. 感情を表現できる場
    感情豊かなESFPは、自分の感情を表現できる職場でやりがいを感じます。

向いている仕事

  1. 俳優
    創造力と表現力が豊かで、人々に感動を与えることができるからです。彼らは現実的かつ感覚的なアプローチを取り、視覚的な美しさや感動を作り出す能力が高いです。
  2. 音楽家
    ESFPの冒険心と創造性、そして舞台上でのカリスマ性に基づいています。
    新しい音楽的アイデアを探求しながら、自分のパフォーマンスを通じて観客と強い繋がりを築くことができます。
  3. イベントプランナー
    ESFPの卓越した問題解決能力と人脈形成のスキル、そして動的な環境での適応力です。
    イベントの計画や実行において、迅速な決断と効率的な行動を通じて成功を収めることができます。
もっと自分を知る
ESFP(エンターテイナー)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択
ESFP(エンターテイナー)に向いていない職業とは?強みや弱みを捉えた正しい職業選択

MBTI適職診断に関するよくある質問

Q: MBTI診断はどこで受けられますか?

A: インターネット上で無料のMBTI診断を提供しているサイトが多数あります。
また、専門のカウンセラーや心理学者による診断も受けることができます。

Q: MBTI診断の信頼性はどれくらいですか?

A: MBTIは広く使用されている性格診断ツールですが、その信頼性や妥当性については賛否両論があります。
自己理解の一助として利用することをおすすめします。

Q: MBTI診断の結果は変わることがありますか?

A: 人の性格や価値観は環境や経験により変化することがあります。
そのため、MBTI診断の結果も変わる可能性があります。

Q: MBTIの結果に基づいて仕事を選ぶべきですか?

A: MBTIの結果は参考にするべきですが、最終的なキャリア選択には他の要素(スキル、興味、価値観など)も考慮することが重要です。

【MBTI診断】16パーソナリティのタイプ別適職一覧のまとめ

MBTI診断は、自己理解を深めるための有力なツールであり、自分に適した仕事を見つけるための第一歩となります。
各性格タイプに応じた向いている仕事・向いていない仕事を理解することで、未経験の分野でも自分の強みを活かして成功する可能性が高まります。

自分に最適なキャリアを見つけるために、MBTI診断をはじめとした自己分析ツールなどを活用し、自分の性格タイプに合った仕事を探してみましょう。

記事URLをコピーしました