キャリア構築

【学んでそれ切り】実務未経験でも在宅での仕事を手にするための方法

エンジニア画像
admin

プログラミングを学んで、スキルを身につけたいけれど、どうやって始めればいいのかわからない。
まだ幼い子どももいるからできればできれば手に職を付けて在宅で仕事をできるようにしたい。
そんな人におすすめなのが、在宅でエンジニアとして働くことです。
実務未経験でも採用される案件はたくさんありますし、自分のペースでスキルを磨くことができます。
実務未経験からでも在宅ワークの始め方について、詳しく解説します。

実務未経験でも在宅ワークは可能?

プログラミングを扱うエンジニアの仕事は、実務未経験でも在宅でできるのでしょうか。
結論から言うと可能ですが、簡単ではありません。

実務未経験でも在宅ワークに応募できる求人は、近年増えてきています。
その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • プログラミングの需要が高まっている
  • オンラインでプログラミングを学習できるサービスが増えている
  • リモートワークの普及

しかし、実務未経験者が採用されるためには、以下のスキルや経験があると有利です。

  • 基本的なプログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 自律的に学習する力

基本的なプログラミングスキルとは、プログラミング言語の基礎や、アルゴリズム、データ構造などの知識です。
これらのスキルを身につけるためには、Udemyなどで独学したりプログラミングスクールなどで学習しましょう。

コミュニケーションスキルは、クライアントやチームメンバーと円滑にコミュニケーションをとるために必要です。
メールの礼儀・マナーやslackをはじめとしたチャットなどのコミュニケーションツールを使いこなせるようにしましょう。

自律的に学習する力は、在宅で仕事を進める上で重要です。
とくに技術の進化が目まぐるしい昨今、ITエンジニアは常にキャッチアップが必要です。
目標を立て、何が自身のモチベーションに寄与するか考え続けられる環境・状態を維持しながら学習を進めましょう。

実務未経験から在宅ワークに挑戦したい場合

実務未経験から在宅プログラミングバイトに挑戦したい場合は、以下の方法がおすすめです。

  • プログラミングスクールで学習する
  • オンラインで学習する
  • フリーランスとして案件を探す

プログラミングスクールでは、プロの講師から直接指導を受けることができます。
また、学んで終わりではなく、希望されるようであれば就職や転職のサポートを受けることもできるのが魅力的です。
どこから手をつけて良いかわからない、無駄な勉強はせず最短でエンジニアになるスキルを身につけたいといった方は無料のカウンセリングを通してご自身に合った学習計画を聞いてみることから始めてみるのも良いかもしれません。#ad

オンラインで学習する場合は、無料の学習サイトや、動画教材などを活用しましょう。
また、オンラインのプログラミングスクールも増えています。

フリーランスとして案件を探す場合は、クラウドワークスやupworkなどのクラウドソーシングサイトや、フリーランス向けのエージェントを利用しましょう。
未経験でも在宅プログラミングバイトに挑戦したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

在宅案件の仕事内容

在宅案件の仕事内容は、大きく分けて以下の3つです。

  1. 仕様書の読み取り・理解
  2. プログラム設計
  3. コード記述・テスト

仕様書の読み取り・理解

まず、クライアントから提供される仕様書を読み取り、理解する必要があります。
仕様書には、開発するシステムの機能や仕様、開発環境や納期などが記載されています。
仕様書を正しく理解することで、適切なプログラム設計を行うことができます。

プログラム設計

仕様書を理解した上で、プログラムの設計を行います。
プログラム設計では、システムの全体像を把握し、必要な機能や処理を洗い出します。
また、プログラムの構造やデータの流れなども設計する必要があります。

コード記述・テスト

設計書をもとに、実際にコードを記述します。
コード記述では、設計書に沿って正確に記述することが重要です。
また、記述したコードが正しく動作するかをテストする必要があります。

実務未経験でも在宅案件は獲得できる?

実務未経験でも在宅案件は獲得できる可能性はあります。
ただし、基本的なプログラミングスキルは必要です。
最低限、以下のスキルを身につけておきましょう。

  • プログラミング言語の基礎知識
  • データ構造・アルゴリズム
  • オブジェクト指向プログラミング

また、コミュニケーション能力や自己管理能力も重要です。
仕様書の理解やクライアントとのコミュニケーションには、コミュニケーション能力が必要です。
また、フリーランスの中でも納期を守れない方が非常に多く見受けられます。
納期を守り、クライアントから継続して仕事をいただける状態を築きましよう。

案件の探し方

実務未経験でもプログラミングのバイトとして在宅ワークできるのでしょうか。
結論から言うと、可能です。
ただし、実務未経験の場合は、ある程度のスキルや経験があると、採用されやすくなります。
案件を探すには、以下の方法があります。

求人サイトや情報誌

求人サイトや情報誌で案件を探すことができます。
求人サイトでは、プログラミングのスキルや経験、勤務時間などの条件で絞り込み検索をできるので、自分のライフスタイルに合った求人を見つけやすいです。

知人や友人からの紹介

知人や友人から案件を受けることもできます。
知人や友人からの紹介であれば、実務未経験でも採用される可能性が高いです。

学生支援課(学生の場合)

学生の場合は、学生支援課にプログラミングバイトの求人情報を問い合わせることもできます。
学生支援課では、学生の就職支援や資格取得支援などを行っており、プログラミングバイトの求人情報も取り扱っています。

クラウドソーシング

クラウドソーシングでは、単発のプログラミング案件を自分で探して応募することができます。
クラウドソーシングでは、未経験でも応募できる案件も多いので、スキルや経験を積むためのチャンスになります。

ポイントは、以下の3つです。

  1. 自分のスキルや経験に合った求人を探す
  2. 応募する前に、スキルや経験をアピールする
  3. 応募先企業のホームページやSNSをチェックして、企業研究をする

自分のスキルや経験に合った求人を探すことで、採用される可能性が高くなります。
また、応募する前に、スキルや経験をアピールすることで、自分の強みをアピールすることができます。
さらに、応募先企業のホームページやSNSをチェックして、企業研究をすることで、企業の雰囲気や仕事内容を理解することができます。

実務未経験でも案件獲得は可能ですが、上記のポイントを押さえて、採用される可能性を高めましょう。

案件を探す前に確認したい注意点

在宅ワークは自分の好きな時間に好きな場所で働くことができるというメリットがあります。
しかし、その一方で、注意すべき点もあります。

1. 必要なスキルや経験を確認する

在宅案件では、基本的に自分のスキルや経験を活かして仕事をします。
そのため、応募前に募集要項をよく確認し、必要なスキルや経験を満たしているかをチェックしましょう。

2. コミュニケーションをしっかり取る

在宅で仕事をしていると、どうしてもコミュニケーションが不足しがちです。
しかし、プログラミングの仕事では、クライアントや上司とのコミュニケーションが欠かせません。
そのため、チャットやメールなどを利用して、こまめにコミュニケーションを取るようにしましょう。

3. スケジュール管理を徹底する

在宅で仕事をすると、ついダラダラと仕事をしてしまいがちです。
しかし、期限までに仕事を終わらせるためには、スケジュール管理を徹底する必要があります。

4. 確定申告の準備をする

本業以外で案件をこなすと、副業として扱われることが多いです。
そのため、20万円以上の収入がある場合は、確定申告が必要です。
具体的な内容についてはここでは割愛しますが、確定申告の準備は早めに始めるようにしましょう。

5. 本業に支障がないようにする

案件は、本業と両立しながら行う人も多いでしょう。
しかし、本業に支障が出ないように注意する必要があります。

これらの注意点を踏まえて、在宅プログラミングバイトを成功させましょう。

在宅案件のメリット

プログラミングのバイトは、実務未経験でも在宅でできる仕事です。
近年、IT人材の需要が高まっていることもあり、在宅案件の求人も増えています。
メリットについて詳しく説明します。

  • 通勤時間や交通費がかからない
  • 自分の好きな時間に働ける
  • 家事や育児と両立しやすい
  • スキルアップやキャリアアップにつながる

通勤時間や交通費がかからない

在宅で働く場合、通勤時間や交通費がかかりません。
通勤時間が1時間かかる場合、月に20日働いたとして、20時間の節約になります。
また、交通費が月1万円かかる場合、年間12万円の節約になります。

自分の好きな時間に働ける

在宅で働く場合、自分の好きな時間に働くことができます。
朝型の人なら早起きして働き、夜型の人なら夜遅くまで働くことができます。
また、家事や育児と両立しながら働くことも可能です。

家事や育児と両立しやすい

在宅で働く場合、家事や育児と両立しやすいというメリットもあります。
家事の合間に作業したり、子どもが寝ている間に作業したりできます。

スキルアップやキャリアアップにつながる

プログラミングのスキルを身につけることで、スキルアップやキャリアアップにつながります。
在宅プログラミングバイトでは、実務経験を積むことができます。
また、プログラミングのスキルを身につけることで、フリーランスとして働いたり、IT企業に就職したりすることもできます。

在宅案件のデメリット

一方で以下のようなデメリットも十分に考えられます。

  • 自己管理が必要
  • 孤独感やモチベーションの維持が難しい
  • 報酬が低いことがある

自己管理が必要

在宅で働く場合、自己管理が必要になります。
自分で仕事のスケジュールを立て、自分で仕事を進めていく必要があります。
また、集中力を維持して作業することも大切です。

孤独感やモチベーションの維持が難しい

在宅で働く場合、孤独感やモチベーションの維持が難しいというデメリットもあります。
同僚と会話したり、上司に相談したりすることができないため、孤独を感じてしまうことがあります。
また、モチベーションが下がってしまうこともあるので、注意が必要です。

報酬が低いことがある

在宅プログラミングバイトでは、成果によって報酬が変わる場合があります。
そのため、結果的に時給で働いた場合よりも賃金が低くなる可能性があります。

まとめ

実務未経験でも在宅案件は十分に獲得可能です。
まずは、プログラミングの基礎を学んで、自分のスキルを磨きましょう。
そして、求人サイトやクラウドソーシングなどで、自分に合った案件を見つけて、チャレンジしてみてください。

記事URLをコピーしました